店舗型のクレジットカード現金化は危険?それとも安全?

どうしてもお金を用意しなければいけないけれどもキャッシングできない場合、
最終手段としてクレジットカード現金化の方法があります。
クレジットカードの現金化は様々な方法があるのですが、比較的安心できる方法として店舗で行う現金化があります。
安心できると言われていても、本当に大丈夫なのかどうか、
そしてどんなメリット・デメリットがあるのかが気になるところです。
そこで、店舗型のクレジットカード現金化について詳しくご紹介します。

店舗型はその場でやり取りするため安心度が高い

クレジットカード現金化では様々なトラブルが発生していて、非常に危険だと言われています。
本来なら利用しないほうが良いことですが、ただ、どうしても利用しなくてはいけない場合は
トラブルを減らすためにも店舗型がおすすめです。
ネット型だとクレジットカード情報だけを盗られてしまい入金されないという事例もあるのですが、店舗型はそれがありません。
その場で取引をして現金を受け取るというシステムなので、お金が一切受け取れないというトラブルが発生せず安心です。
ただし、お金が受け取れないトラブルは避けられるけれども、いろんなデメリットもありますので要注意です。

クレジットカード停止のリスクが高め

そもそもの問題として、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は
カード会社の規約にて禁止されている行為です。
禁止されている行為をすればカード利用が停止される可能性が出るのですが、店舗型は比較的リスクが高めです。
店舗型の場合、購入をする商品の多くが回数券や金券になります。
クレジットカード会社では、換金率が高い商品を異常に購入すると危険だと判断していて、
決済した会社や購入した商品などを見て総合的に判断し、現金化の可能性があれば停止します。
換金率の高い商品を頻繁に購入するとクレジットカード会社に現金化が知られてしまう可能性が高いので、
十分に気を付けましょう。

店舗型の換金率が低い

ネット型に比べて店舗型は換金率が低く、思っているよりもお金にならないことが多いです。
なぜ換金率が低くなるのかですが、店舗を運営するようになると非店舗型に比べて経費がかかってしまうからです。
利用者をできるだけ増やすためにも、駅前や人通りの多い場所に店舗を構えるのですが、
立地が良い場所になればなるほど賃貸にかかる経費が増えてしまい、その結果利用する人の換金率に影響を与え低くなります。
ネット型だと最大で90%ほどの業者がありますが、店舗型になると最大でも75%程度になるので、
換金率を考えるとおすすめできない方法になります。

直接対面で起こるトラブルもある

お金が一切受け取れないトラブルが無くなる店舗型ですが、しかし対面だからこそ起こるトラブルもあります。
例えば、お店に行って現金化の手続きをしている時に威圧的な態度で
半強制的に非常に換金率が低い状態で取引されることがあります。
また、納得できなくて拒むと、納得するまで帰してもらえない場合もあるため、絶対に安全とは言えません。
店舗型の場合もネット型もそうですが、優良店を利用しなければさらにトラブルが発生する可能性が高まってしまいます。
ネットの情報をかき集めるようにして優良店を探し、それから利用するかどうかの検討が必要です。

まとめ

一番困ってしまうお金が振り込まれないトラブルを避けられるのが店舗型です。
しかし、クレジットカード停止や換金率が低い、そして対面だからこそ起こるトラブルなどがあるため、
誰にでもおすすめできる方法ではありません。
まずは現金化をする前に、違う方法で解決できるのかどうかをもう一度確認するようにし、
それでもどうにもならなかった時に、優良店を探してお願いするようにしましょう。