携帯決済現金化の支払いが遅れたらどうなる?

携帯決済現金化は、即日でどうしてもお金が必要だというときに利用することができますので、
困ったときに頼りになる存在です。
docomo、au、ソフトバンクのどれかの携帯会社と契約している人なら大抵の人がすぐに利用できる携帯決済現金化ですが、
借りたお金を返さなければならないことは、消費者金融などでお金を借りる場合と同じです。
支払いができるようであれば特に問題はありませんが、もし携帯決済現金化の支払いが遅れたらどうなるのでしょうか?
少し遅れただけでも困ったことになる?
心配な方のために携帯決済現金化で支払いが遅れた場合どうなるかについて調べました。

携帯決済現金化を利用した場合の支払いはかなり厳しい

お金がどうしても必要だったから携帯決済現金化を利用してとりあえずお金を作ったという方は多いです。
そのときは、うまく利用して金欠の状態を防ぐことができたでしょう。しかしそれだけで喜んでばかりいられません。
携帯決済現金化を利用したら、かなり厳しい支払いが待っていることは覚えておきましょう。

クレジットカードなどでお金を借りる場合は分割払いやリボ払いを利用することができますから、
毎月支払わなければならないお金の額は、それほど一気に上がることはありません。
しかし携帯決済現金化は分割払いもリボ払いもなく、一括払いです。
もし4万円の携帯決済現金化を利用した場合は、月末の請求に利用した金額である4万円に
携帯の利用料金がプラスされた額が請求書に乗ってきます。
一度に返済なんてできない!と思うかもしれませんが、携帯決済現金化は一括払いしかないのです。

携帯決済現金化の支払いが遅れたら利用限度額が減ってしまう

携帯決済現金化を利用するときに気をつけなければならないのは利用限度額です。
携帯電話をどのぐらいの年数利用しているか、そして料金の支払いに遅れがないかなどを考えて、
それぞれ携帯電話会社では利用限度額を定めています。
携帯決済現金化を利用する場合は携帯料金などの請求と合わせて
利用限度額以内におさまらない金額を指定することはできません。
しかしその範囲内で利用した後の支払いが遅れてしまったら、今後は利用限度額が減らされてしまいます。

各会社によって考え方は異なりますが、たとえばdocomoの場合ですと直近で2ヶ月連続期限日以内の支払いができずに
遅れてしまったとしたら、利用限度額が10,000円という金額まで下げられてしまう場合があります。
携帯の使用料金と合わせて10,000円という限度額になっていますから、
もう携帯決済現金化を利用することができないというだけでなく、10,000円を超えることができないので
これからは携帯電話を使うためだけでも制限がかけられることになります。
直近で2ヶ月ですから時間はそれほどありません。
支払いはすぐにしなければなりませんから、もしその月にショッピングなどで携帯払いを利用していたら大変なことになります。
これからも困ったときに利用することができるようにするためには、
決して支払いは送れないように気をつけなければいけません。

携帯決済現金化の支払いが遅れると携帯電話が使えなくなる

現代人の生活は携帯電話やスマホがなければなりたちません。
一日忘れるだけでも大変困ったことになりますから、それがもう使えなくなるということは大問題です。

もし支払いが遅れているとなったら、まずは払うように呼びかけるメールが届きます。
しかしそれでも支払いがなければ、払込用紙をつけて督促状が届けられます。
それでもなお支払いがなかった場合は、今現在使っている携帯が使えなくなります。

少しぐらい遅れても携帯が使えないことにはならないだろうと思っている方もいるでしょうが、
たいていは利用停止日のうちに支払いの連絡が取れていなければ、
もう携帯を使おうと思っても止まってしまって元の通りには戻りません。
もちろん滞納していた金額を払えば再び携帯を使うことはできますが、それまでは使えない状態が続きます。

携帯決済現金化を利用したために請求金額が大きくなりすぎて支払えなくなってしまい、
結局は支払いが遅れて携帯が使えなくなった・・・そんなことになるわけにはいきません。
一度携帯が止められてしまえば信用情報に傷が付く可能性があるため、今後、携帯電話使用の問題どころか、
クレジットカードを新たに作ることができないなどの問題も発生します。
携帯決済現金化はお金がほしいときに助けになるとても頼もしい存在ですが、
支払いが遅れたら今後の自分の生活が困ったことになりますから、
十分に気をつけて、支払える額だけを借りるようにしましょう。